予約優先制

03-3400-9888

メール

takamihariq@gmail.com

診療時間

10:00~13:00/15:00~19:30

木の芽時は、不快な症状が大きく出易い時期でもあります。

それに加え、コロナ感染症で気が滅入っている方も多くお見えなると思います。

悲観的な状況意識が続くと 、

心の働きが滞り、身体の働きがうまくいかない状況となり、不快症状となります。


東洋医学は、心の働きも「気」の変動ととらえます。

この気が滞ると、身体の気の働きも 滞り、

不快な感覚へと移行し時間とともに、

痛み、凝り、痺れ、病へ進み、心と身体の働きのつり合いにも支障をきたします。

はり灸は、この心と身体の気の働き、つり合いを潤滑にし、

しいては病にならない身体造りへと導きます。

これを「未病を治す」と言います。

西洋医学では予防医学があります。

東洋医学では3千年前より、生活習慣改善に加え、

はり灸、漢方による体質改善を重要視し、健康に導く基本としていました。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です